Interview

オーナー様インタビュー
全宅連様で掲載されているオーナー様と管理会社との対談企画。
弊社からは第2管理部の高橋が、練馬駅周辺に多くの賃貸物件を経営されている一杉様と対談させていただきました。
弊社webサイトでは全宅連様の許可を得て、その一部を掲載いたします。

この仕事は何と言っても
人と人の関係が大切

大切なのは人と人のつながり

一杉氏:先代から賃貸住宅の管理ををお任せしていた方がウチダハウスさんに移籍されて、現在のお付き合いになっています。 高橋さんとは私が先代から事業を引き継いだ頃からの関係になりますから、もう20年近くなるでしょうか。 ウチダハウスさんの印象は、やはり人材が素晴らしいところ。この仕事は何と言っても人と人の関係が大切です

  • 練馬駅周辺に数棟の賃貸マンションを経営される一杉様

4棟100 戸の賃貸住宅を管理

練馬駅周辺に多くの賃貸物件を経営されている一杉氏。その全ての管理をウチダハウスが担っています。

高橋:実は私は入社当時、賃貸部門からスタートしまして、初めて入居者と契約した物件が一杉さんの物件でした。

一杉氏:あの頃はお互いにまだ20代で、今考えるととても初々しい感じでした。今では管理のほとんどを高橋さんにお願いしていますから、人と人の出会いは本当に大切だと感じますね

高橋:会社の方針もありますが、私もオーナー様の目線、入居者様の目線と同じ目線で物件を考えることを大切にしています。

日頃の管理から、建て替えの相談まで
幅広く何でも相談できるパートナーです

建て替えの計画にも提案を

一杉氏:これからはどのようなターゲットを考えて行くべきかという、コンセプトづくりの段階からウチダハウスさんに相談しています。 トータルで提案できることもパートナーとしてとても頼もしいと感じています

高橋:建て替えは、現在の入居者の退去のお願いや、建て替えまでの数年間の物件の活用方法など、様々なことを考えなくてはなりません。 どうすればオーナー様にとってもっともメリットのあることなのかを常に考えておくことが大切だと思います。

  • 室内のリフォームもターゲットなどを意識してウチダハウスが行なっています。

常に一歩先を見ることが必要

一杉氏:長く賃貸経営を行なっていると、時代のトレンドのようなものを感じます。その流れに合わないと空室が多くなる瞬間がある気がしますね

高橋:そのトレンドのようなものを常に感じながら仕事をすることが大切だと思います。 例えば働く女性を考えたほうがいい時や、これからは外国人入居者のことも考えるべき、またはファミリー向けが周辺に少ない、など常にマーケットを考えて、オーナー様に提案できるようにしたいと思っています

一杉氏:ウチダハウスさんには工事部門があって、リフォームもやってくれます。 常に次のターゲットを意識して、コストをかけずにリフォームできるところも大きな魅力ではないでしょうか。

(有)一杉商事様

練馬駅周辺に4棟100戸の賃貸物件を運営
その全ての管理をウチダハウスが担っています。